* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    3歳9ヶ月。一気に文字を読むようになりました。 

    2012年10月17日 ことり3歳9ヶ月

    月のまとめなんて、気づけばずっとしてなかったなぁ・・・


    3歳9か月。
    ことり、一気に文字を読むようになりました。


    121017_01


    毎朝、保育園送り担当お夫から送られてくる、
    「今日のことり」メール。
    3歳8か月の終わりころに、
    「ことり、しまじろうパソコンで自分の名前が打てるようになりました」
    というメールがきたので、

    またまた~、と思っていましたが、
    降園時に
    「しまじろうのしー」
    とか言ってる。

    帰ってからも
    「しまじろうのしー、カメラのかー」とか言いながら、
    自分の名前の文字を一つずつ入力。
    (ことりの本名は「しか」ではありませんが)
    びっくりして、すごいねーって言うと、さらににっこりしてもう1回。

    次にはお父さんの名前とか、私の名前とか、なぞのおともだち<おまじさん>を
    やってみたいそうなので、一文字ずつ教えながら。

    (<おまじさん>とは、ことりの頭の中のおともだちで、
    大きいのには顔と目がなくて、小さいのには顔があるらしい。
    あまり想像したくないような相貌なんだけれど、もう長いお友達です。)


    それをきっかけとして、どんどん文字を読むようになっていきました。
    特殊音節や漢字をすっとばして、読める時だけを読むので、なんだかおもしろい

    こどもの発達の研究で、
    「文字はほとんど読めないかほとんど読めるかのどちらか。
    つまり、読みだしたらあっという間に読めるようになる」
    という内容を読んでいたので、
    これのことか・・・
    と驚く気持ちです。

    保坂一志さんの「季節の記憶」が大好きなのと、
    自身の職業の興味故、

    あまりことばに関することを熱心に教えるのはやめておこう、
    沢山遊びながら、発達による獲得をしっかりみていよう

    という方針なので、文字は特に教えもしませんでしたが、
    息子の頭の中が大きく動いて、何かを獲得して、
    そのことで嬉しそうにしているのを見るのは、私も嬉しい。


    「○のつくもの探し」とか「しりとり」とかちょいちょい言葉のあそびを楽しんでいます。




    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ




    スポンサーサイト
    thread: 3歳児の日常 | janre: 育児 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

    3歳5ヶ月、おむつ卒業。 

    2012年6月18日 ことり3歳6ヶ月


    3歳半を迎える少し前、排泄が完全にトイレになりました。


    排尿間隔があいてからトイレトレーニングをしようと思っていましたが、
    なんと、息子の場合、排尿間隔は自然にはあくことはありませんでした(3歳5ヶ月まで)。

    暑くなってきて、オムツだとおしりがかゆいとのことなので、
    「じゃあ、オムツやめようよ。」
    試しにトイレに積極的に誘うようにしてみたところ、

    「ことりくん、紙パンばいばいする」
    宣言があり、

    就寝時以外は30分あくかあかないかだった排尿感覚が数日で数時間になり、

    楽天で購入していたトレーニングパンツが届く間もなく完全に外れて、
    自分ですっきりトイレに行くようになりました。



    そういえば、、むすこは歩き出しも1歳6ヶ月直前で、
    ちょうど2年前の出来事でした。

    のんびり、しっかり歩いていきましょう。


    おむつ外れへの道をごく簡単にまとめると、
    ①トイレに座れば絶対に出るが、おむつに気軽にちょこちょこしている。
    お風呂前とか活動の切り替わりにはなるべくトイレに誘う
    (この状態は非常に長く続く)

    ②排便と外出先での排尿の事前申告が時々できるようになる。
    この時点でおしりかゆい報告があり、私がよしっと思う。

    ③睡眠時の排尿が完全になくなる。

    ④遊んでいるとき以外はトイレだけでできるようになる。

    ⑤遊んでいるときもトイレだけでできるようになる。

    ②は数週間。
    ③~⑤までは2日くらいです。

    現在は、自分からトイレに行くので呼びかけは必要ありませんが、
    どうしても私と一緒に行きたいらしく、熱烈なお誘いを受けます。
    大きくなっていつかこの話をしたら、嫌がるだろうなー。



    もっと早くトイレに積極的に誘ってみるべきだったのかもしれませんが、
    排泄は、本人が望む望まないにかかわらず、行わないといけないことだから、
    なるべく失敗を少なく進めたいというのが私の考えだったので、
    これが息子の時期だったのかも。。

    発達には順序性と規則性があるけれど、
    そこに個人差があるということ、
    だから人間は面白いということを、息子からまた学びました。


    120617_03
    最後のおトイレシール。息子のリクエストで、ゆるーいライオンでした。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

    thread: こどもと一緒に♪ | janre: 育児 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

    病気の息子と働く私 

    2002年5月2日 ことり3歳4ヶ月

    今年のゴールデンウィークは
    夫とことりは9日連続のおやすみ。
    私は、暦通りの勤務+祝日に仕事関係の外出1日。

    ことりは夫と過ごしている連休合間の2日間は、残業のチャンス。
    GW明けのどどっと忙しくなる時期に備えて、
    少しでも仕事を進めておきたいのでね。

    そして家では、家の中でゆっくりしたり、
    遠くないところにきままにお出かけしたり、
    双方の実家に帰ったり、
    という計画でした。


    連休イブには、
    <4月がんばったね、おめでとうのパーティー>だね、と、
    いつものごはんにことりはりんごジュース、私はワインクーラーで乾杯したり


    市販のロールケーキで簡単なこいのぼりおやつを作ってみたり
    と、ハッピーな滑り出し。

    120502_01
    マスキングテープを直接お皿に貼って、吹き流しなどを作ってみました。
    ちょっとにぎやかになっていい感じ。


    でも、休みで安心したのか、
    ことりの体調はとても不安定で。

    ことりと思いっきり走り回るつもりで、
    軽い軽いジップロックの保存容器にお弁当を詰めて動物園に向かう途中で、ことり嘔吐。
    「おえってなっちゃう・・・」
    と涙目の息子を、抱きしめて家へとUターン。

    120502_02


    実家に帰ろうとした日には、39度台の発熱。
    そのことを知って帰宅したのは、日付が変わる少し前の時間。

    目を覚ましていた息子は
    「あのね、ことりくんね、ごはんぴゅーんってすごーく早く食べたんだよ。」
    「まま、遅かったね。何の電車がとまってたの?」
    咳をするたび律儀に手で口元を抑えながら、
    ぽわーっとした赤い顔で、にこにこしながら一生懸命話すのを
    うんうんと聞いた後、

    今日はゆっくり眠ろうね。
    と、小さな明かりを1つ残して電気を消したら
    「あー、ママが見えなくなっちゃったね」
    私からはことりの顔が見えていたので、
    暗順応も発達による機能で、3歳くらいだとまだ完成していないのかな、
    と素朴な疑問を感じながら、
    でも何よりもそんな息子が愛しくて、
    「あ、見えた」というまでの1分くらい、頭をなでながらお話をして、
    触れることと聞くことで、私がここにいることをことりに伝え続けました。


    振り返ってみると、4月の週末は病院通いが多く、
    多月の半分位は抗生物質を飲んでいたんじゃないのかな。
    お休みの間に心も体も休めて、元気になろうね。

    120502_03


    こんなにも私を待っていた高熱の息子を置いての今日の仕事。
    1分の無駄もなく職場で過ごしていたかと問われると
    迷いなくyesとは言えないことへの葛藤もあります。
    でも、そうやって得た時間、明日につながるいい仕事をしよう。
    持ち帰り仕事も少々あるけれど、
    息子が起きている時間は、一緒にいる時間を大切にしよう。
    しょっちゅうこんなことを思っているように思いますが、
    改めて書くことで自分に確認しています。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


    thread: 働くママの育児日記 | janre: 育児 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

    心から、ごめんね 

    2012年1月22日 ことり3歳1ヶ月

    マイペースな
    (1時間以上かけてご飯を食べた後に、着替えも歯磨きもトイレも何もしないで電車三昧)
    息子にいらっとして、
    けんかをしてしまいました。

    「自分のお支度しないんだったら、今日は電車乗らない。
    必要なことをしないと、好きなことだってできないんだよ。」

    私のところに来ないで、
    視線をちらっと向ける息子。

    重い空気。

    そうこうしているうちに、2時間経過。

    「ごめんね。」

    ことりに近づいて言いました。

    ことり、涙目。

    ぎゅっとすると、
    あふれだすように、わあっと泣き出しました。

    20分くらい、完全に泣き止むまでそのままでいて、
    ふうっと何かが抜けたような気がした時に

    「お茶飲もうか?」

    と言うと、

    「お茶飲もうね~」

    と、何事もなかったかのように、キッチンに走って行きました。


    ことりの部屋には、自分で脱いだオムツと洋服がちらばっていました。
    「ことりくん、おむつ濡れてないんだよ。」
    誇らしげ。
    実は濡れていたけどね。

    ぬれた証拠の緑マークが息子に見えないように、
    オムツをそっと裏返してゴミ箱に入れ、
    約束通り電車で小さな旅へでかけました。


    ことりが謝らなかったから私が謝ったのではなく、
    一向に進まない持ち帰り仕事をちゃんと終えられていたら、
    こんなことでいらいらしなかっただろうし、
    いきなり「電車乗れない」と罰ゲームのようなこと言わなかったはずなので、

    私からの、ごめん。

    心からの、ごめんね。

    今の気持ちを忘れないための記録。

    120122_01


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


    3歳児のお料理とおうち居酒屋 

    2012年1月14日 ことり3歳0ヶ月

    息子の<ごはんづくり>ブームは継続中。
    流行にはとりあえずのってみようかなぁ、と、
    この週末は、毎食一緒にごはんを作っていました。

    120114_01


    120114_02
    ことり作の<納豆チャーハン>


    そして<おうち居酒屋>も。
    食べたいものを書きだして、
    全員でお買い物に行き、
    好きなものを買って、ちょこちょこ作って食べる会。
    お風呂は夕方のうちに済ませて、
    夜はひたすらゆっくりごはん時間。

    おうち居酒屋初回メニュー
    ・ポテトフライ(ことりリクエスト)
    ・きゅうり(ことりリクエスト)
    ・お寿司
    ・なすの味噌炒め
    ・ウィンナーとスナップいんげん
    ・フライ
    ・焼き鳥
    ・ミニポテトグラタン
    ・アップルパイ
    ・ワイン
    ・ブドウ酢のドリンク


    ことりが生まれる前は、よくこんな週末を過ごしていたけれど、
    みんなでキッチンなんて、もうできないんだなと思ってた。
    それが、3年経ったら再びできるようになって。
    ことり、大きくなったんだね。

    しかも、
    お箸(エジソン箸)を持てるようになって、
    さらに自分で作るようになって、
    前よりもたくさん食べられるようになりました。



    最近お気に入りのお料理の本。
    マカロニも含めて1つのフライパンにどんどん加えて作るグラタンなど、
    なかなか新鮮。
    納豆チャーハンもこのレシピのアレンジで。

    【送料無料】いそがしママの15分レシピ

    【送料無料】いそがしママの15分レシピ
    価格:780円(税込、送料別)



    ところで「いそがしくないママ」っているのかしら。
    私は育休中でずっと息子といたときも、職場復帰した今も、ずっと忙しいぞ。



    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。