* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    肺炎球菌の予防接種と初めての自転車 

    嬉しい金曜日、しかも2時間の休みがとれました。


    日差しが眩しい時間にお迎えをして、
    今更ながら肺炎球菌の予防接種へ。
    雑誌の広告で存在を思い出して、予約を入れました。

    ヒブと肺炎球菌のワクチン、今は国の定期接種で受けられるんですね。
    むすこが生まれた頃は、
    ヒブワクチンの予約が取れなくて接種が大変だったのになー
    て思ったら、なんとヒブの追加を受けてないことがわかりました。
    今日受けてもいいわよと言われましたが、
    同時に2種接種することに抵抗があったので、これもどこかで受けよう。


    平日の夕方に2人でいられるなんて、わくわくする。
    私は注射はしないので、なおのことですが、むすこも
    「ママと一緒に写真撮りたいなー」
    と病院で言ったり。

    くくっ、この後の運命(注射)のことを忘れて、かわいいやつめ。
    待合室は私たちだけだったので、2人でプリクラみたいにくっついて撮りました。



    注射の後は、マクドナルドですごーく早いお夕飯。
    コーンとポテトが本日の野菜です。
    園ともだちと話す、「野菜なかった」あるあるや
    (オール買ったごはんとなり、野菜は野菜ジュースで、とか。)
    バランスの良い保育園のお給食のおかげで、おおらかな気持ちでいられます。


    マクドナルドの椅子では、まだテーブルが脇の高さまでくる、小さな息子。
    でも、この夏、この子はぐんっと大きくなる気がします。



    帰ってからは自転車の練習。


    購入した日はまだたどたどしくて。


    購入してから約1週間。
    休日は朝夕乗っていますが、平日も
    「自転車のりたいなー」というむすこ。
    帰宅が19時ごろなので、さすがに平日は乗せてあげられなかったのですが、
    今日は乗れるものね。


    はじめての自転車はJeepにしました。
    普通にかっこよくて、私たちのお気に入り。
    玄関においてあるので、毎日帰宅するときに目に入ってテンションが上がる♪

    身長が100センチないので、14と16インチどちらにするかで半年以上悩みましたが、
    (半年経った現在も、100センチないけど。※Jeepは14インチはありません。)
    補助輪がある状態では16インチで全く問題なかった。
    ちょっとした坂道ののぼりだと、ペダルを踏み込むことが難しいみたいだけれど、
    かなりスピードが出るようになりました。





    補助輪外しちゃおうかなー。
    いつでもいじれるように、レンチも一緒に購入すみです。
    あ、スタンドも用意しないと。


    むすこ、生きていて、しかも元気で。
    ありがとうって思いながら、自転車のむすこに付き添って2キロほど走った、気持ちのいい1日。



    帰るころにはさすがに月が。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
    スポンサーサイト
    trackback: -- | comment: 0 | edit

    はじめてのおけいこごと 

    むすこ、年中にして初めての習いごとです。

    幼児対象の親子スイミング。

    空き待ちに1年くらい。

    夫が申し込んだので、私はすっかりさっぱりと忘れていた頃のお知らせでしたが、最近少し強くなったむすこ、そして暑い季節。これはいいご縁と思って、7月から始めることにしました。



    めざせ、クリオネのリラックスぶり!


    いっしょにプールに入れる親は1人。初回は夫がいっしょに入り、私は上から見学しました。15組中14組がお父さんと一緒だったのはちょっと意外。

    ガラス越しに見える、緊張した様子のむすこを見ると、切ない気持ちになりますね。初めて園バスを見送るときってこんな気持ちかな。


    けのびをゴールとした、水慣れ中心のゆったりとしたプログラム。
    1時間中30分以上は、ところどころこどもの足がつくマットを置いた大きな円を親子でぐるぐると回ります。

    むすこよりも慎重な夫は、そーっとそーっと、こわれものを運ぶように、水におなかがつくかつかないかくらいの位置でことりを動かしていました。
    私だったらそれーっ、と水に投げ込む勢いになってしまうところなのに。

    でも、それがよかったのかな。後半では余裕が出てきて、私を見上げては手をふってにこにこ。

    「楽しかったー」
    と、終えることができました。


    1時間の間にお買い物したり本を読んだりしようかと思っていたけれど、結局ずっとむすこを見ていました。大きなショッピングモール内のスクールなので、そのうち、私もじぶんのことをしようと思います。それはそれで楽しみだ。

    3歳以上の幼児対象の親子クラスなので、水が苦手な子も多いと思います。その中でもむすこは、泣きはしないけど、最も水に対して慎重。でも、意を決した様子で1~3秒程度水に顔をつけられたのは、むすこにとって大成功だったみたいで。


    「ママ、ことりくんがずーっと潜ってたの見てた?」

    級の説明が書かれた冊子を真剣に眺めて予習復習をし、得意げに私に話すむすこが、愛しく面白い1日でした。


    進級テストのときに一波乱あるような予感がするけど、それはそれでそのとき考えよう。

    とりあえず、スイミング初日は大成功!



    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
    trackback: -- | comment: 0 | edit

    ワークを日課に。 

    春。新しいことを始めてみたくなる季節。

    今までは、きままにやったりやらなかったりのしまじろうのワークを、1日5分とか1ページとか決めてやってみることにしました。

    帰宅が19時過ぎ、夜ごはんが19時30分、お風呂が20時30分なので、夜ごはんからお風呂までのすきま時間が勝負です。
    でも今年度は特に忙しく、お迎えが20時近くになることもあるので、そんなときは無理しないで、楽しく続けられたらいいなぁと思っています。

    なぞりがきも、迷路も上手になったね。音読の速度が上がり、読んだ単語の意味を理解できることも多くなりました。英語はかなりらさぼっていたけど、やってみると、むすこの素直なきれいな発音に、おおっ!と思ったり。

    えらいね、年中さん。




    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

    trackback: -- | comment: 0 | edit

    3歳9ヶ月。一気に文字を読むようになりました。 

    2012年10月17日 ことり3歳9ヶ月

    月のまとめなんて、気づけばずっとしてなかったなぁ・・・


    3歳9か月。
    ことり、一気に文字を読むようになりました。


    121017_01


    毎朝、保育園送り担当お夫から送られてくる、
    「今日のことり」メール。
    3歳8か月の終わりころに、
    「ことり、しまじろうパソコンで自分の名前が打てるようになりました」
    というメールがきたので、

    またまた~、と思っていましたが、
    降園時に
    「しまじろうのしー」
    とか言ってる。

    帰ってからも
    「しまじろうのしー、カメラのかー」とか言いながら、
    自分の名前の文字を一つずつ入力。
    (ことりの本名は「しか」ではありませんが)
    びっくりして、すごいねーって言うと、さらににっこりしてもう1回。

    次にはお父さんの名前とか、私の名前とか、なぞのおともだち<おまじさん>を
    やってみたいそうなので、一文字ずつ教えながら。

    (<おまじさん>とは、ことりの頭の中のおともだちで、
    大きいのには顔と目がなくて、小さいのには顔があるらしい。
    あまり想像したくないような相貌なんだけれど、もう長いお友達です。)


    それをきっかけとして、どんどん文字を読むようになっていきました。
    特殊音節や漢字をすっとばして、読める時だけを読むので、なんだかおもしろい

    こどもの発達の研究で、
    「文字はほとんど読めないかほとんど読めるかのどちらか。
    つまり、読みだしたらあっという間に読めるようになる」
    という内容を読んでいたので、
    これのことか・・・
    と驚く気持ちです。

    保坂一志さんの「季節の記憶」が大好きなのと、
    自身の職業の興味故、

    あまりことばに関することを熱心に教えるのはやめておこう、
    沢山遊びながら、発達による獲得をしっかりみていよう

    という方針なので、文字は特に教えもしませんでしたが、
    息子の頭の中が大きく動いて、何かを獲得して、
    そのことで嬉しそうにしているのを見るのは、私も嬉しい。


    「○のつくもの探し」とか「しりとり」とかちょいちょい言葉のあそびを楽しんでいます。




    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ




    thread: 3歳児の日常 | janre: 育児 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

    さよなら、かぶちゃん。 

    2012年9月17日 ことり3歳8ヶ月


    2012年9月17日。

    かぶちゃんが命を終えました。



    1月ほど、家の中で放して一緒に暮らしていたかぶちゃん(カブトムシ、雄)。

    命のあるものは、日に日に愛しくなり、
    朝、目を覚まして、
    隣に息子がとんでもない寝相で寝ていることを確認すると、
    次はかぶちゃん。

    夜中に家の中を元気に飛び回るかぶちゃんは、
    住まいの拠点となる我が家のアルテシマの木に登っていたり、
    カーテンに止まっていたり、
    ときどきはことりのおもちゃ箱に潜んでいたり、
    丸一日行方をくらませていたりして、元気元気。


    でも、9月中盤から少ししか木に登れなくなって。

    120917_01

    ひっくり返ると自分では起きられなくなってしまったので、
    家を不在にしている間に、起きられないまま命を終えてしまったら・・・
    と考えると心配になり、一緒に敬老の日に帰省。
    移動で揺れることを考えると、これはこれでかわいそうかもしれませんが、
    置いてはいけなかった。


    120917_02
    一緒に電車に乗りました。



    そして、実家から一緒に家に帰る途中に、
    足をきゅっと縮め、動きを完全に止めてしまいました。


    生命の終わり。
    3歳の息子にはまだ難しくて。

    土の中で永遠に眠るかぶちゃんと、
    朝、ちょっと土に潜って眠る違いは、わかっているような、わかっていないような。

    「かぶちゃん、あしがうごかなくなっちゃったから、土の中で寝てるの」
    (近所のお山にお墓を作りました。)
    「ぶんちゃん(絵本のカブトムシ)ねてるね。かぶちゃんはもっと土にもぐったんだよね(お墓のこと)」
    と言っているけれど、表情は楽しげ。

    かぶちゃんと一緒に過ごした1ヶ月と少し。
    怖くて仕方なかった息子は、そーっとかぶちゃんに触れるようになり、
    私は新たな愛しい気持ちをたくさんもらいました。

    勝手に連れてきちゃってごめんね。
    それなのに、長生きしてくれてありがとう。


    死の意味がまだわからない位小さな息子に伝えることが、まだ沢山あるから、
    ことりを大事に元気に育てよう。
    そして、私も元気でいよう。

    ありがとう、かぶちゃん。
    さよなら、かぶちゃん。


    120917_04
    出会いはおそれおののいていた息子。

    120917_03
    同じ木にいた誰よりもアクティブなかぶちゃん。



    お別れの代わりに、母がことりに買ってくれた絵本。
    お母さん、ありがとう。

    なんていうのかな。楽しげなぶんちゃんの姿が嬉しい。
    3歳に、そしていつも眠い母にちょうどいいテンポの良い、適度な長さのお話し。




    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


    thread: 3歳児の日常 | janre: 育児 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。