* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    3歳5ヶ月の絵本 

    2012年5月18日 ことり3歳5ヶ月

    3歳5ヶ月の絵本は、
    「そらまめくんのベッド」

    120518_01

    ふわふわのベッドを伝えたくって、
    今年初めて、いやもしかすると2年ぶりに購入したそらまめ。
    息子と一緒にお豆をベッドから起こしてみました。
    「ふわふわだねー」
    そしてそのままそらまめくんはお風呂で塩ゆで。
    ビールとともにおいしくいただきました。
    くせがあるからどうかな、と思ったけれど、意外に息子もよく食べる。
    保育園のお給食にも出ていてびっくり。
    夏になったら、息子と一緒に枝豆を枝から外そうっと。


    書店でぱらぱらっとめくったときは、
    同じようなおまめが次々に出てきて混乱するかな、とか、
    お話の展開は繰り返しが多くてシンプルだけれど、文字が多めで難しいかな、
    なんて思いましたが、ちょうどよかったみたいです。


    膝に座って何度か読んだ後は、
    「そらまめくん、ふわふわベッド貸してあげるの最初はいやだったんだよねー」
    と、唐突にストーリーを話し出し、
    「うん、そうだねー」って聞いていると、
    最後までストーリーを話します。





    3歳過ぎまでケーキと共にハッピーバースデーを歌って祝っていた月誕生日。
    でも、そろそろ息子が混乱するかな、と思って、
    私の心の中でこっそりおめでとうをすることと、
    さりげなく新しい絵本を渡すことに、お祝いの方法を変更しました。

    ことり、3歳5ヶ月おめでとう。
    毎日毎日大きくなって、毎日毎日好きになります。

    3歳4か月は、熱が出て、咳が出て、鼻が出て、
    週末ごとに病院に行って、ゴールデンウィークもずっと発熱。
    環境の変化に心と体が戦っていた月でした。

    昨年度の担任の先生が「ことりくん、最近声をかけると逃げるんですよ」
    と言っていました。、
    息子は先生のことが大好きだけど、もう甘えてはいけないと思っていたようです。
    「○先生は○組の先生だよね。ことりくんはもう○組じゃないよね。○組は赤ちゃんだものねー」
    って、何度も自分や私に確認していたものね。
    息子には、
    「違うクラスでも、大好きな先生とは沢山お話していいんだよ。」
    と伝え、
    先生には、
    「○先生のことは今でも家でよくお話ししていて大好きなんですよ。
    違うクラスになってしまったので気を遣っているみたいです。」
    と伝えました。

    ひそかな恋心をこっそり伝えることは楽しかったのですが、
    年度替わりの色々な不安定さ。
    本来は園側が感じ取って子や親にさりげなく対応してほしいと思いますが、
    開園から間もないためか、先生が若いからなのか、
    保育士さんたちに余裕がなくいらいらいらいらしていて、親の方が気を遣ってしまう、
    私もちょっとしたストレスがあった1か月でした。
    物や時間の変更や追加も多くて、しかも大きなホワイトボードの片隅にちょこっと書いてあったり、
    お迎えに来た人に口頭で伝えるのみなので、私がお迎えに行かない日にそんな連絡があると、
    落としてしまったりして、そんなことも心に溜まってくる・・・
    保育士さんの余裕のなさはともかくとして、変更のお知らせの方法はなんとかならぬものか。
    ネガティブなクレームではなく、前向きな提案としてお伝えできる方法を考え中。
    どちらにしても、笑顔でね。


    でも、ことり。
    どうやら一つ、乗り越えられたみたいだね。
    えらかったよ。私もがんばるね。

    120518_02


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


    スポンサーサイト
    thread: 絵本 | janre: 育児 |  trackback: -- | comment: 8 | edit

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。