* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    3歳児のお料理とおうち居酒屋 

    2012年1月14日 ことり3歳0ヶ月

    息子の<ごはんづくり>ブームは継続中。
    流行にはとりあえずのってみようかなぁ、と、
    この週末は、毎食一緒にごはんを作っていました。

    120114_01


    120114_02
    ことり作の<納豆チャーハン>


    そして<おうち居酒屋>も。
    食べたいものを書きだして、
    全員でお買い物に行き、
    好きなものを買って、ちょこちょこ作って食べる会。
    お風呂は夕方のうちに済ませて、
    夜はひたすらゆっくりごはん時間。

    おうち居酒屋初回メニュー
    ・ポテトフライ(ことりリクエスト)
    ・きゅうり(ことりリクエスト)
    ・お寿司
    ・なすの味噌炒め
    ・ウィンナーとスナップいんげん
    ・フライ
    ・焼き鳥
    ・ミニポテトグラタン
    ・アップルパイ
    ・ワイン
    ・ブドウ酢のドリンク


    ことりが生まれる前は、よくこんな週末を過ごしていたけれど、
    みんなでキッチンなんて、もうできないんだなと思ってた。
    それが、3年経ったら再びできるようになって。
    ことり、大きくなったんだね。

    しかも、
    お箸(エジソン箸)を持てるようになって、
    さらに自分で作るようになって、
    前よりもたくさん食べられるようになりました。



    最近お気に入りのお料理の本。
    マカロニも含めて1つのフライパンにどんどん加えて作るグラタンなど、
    なかなか新鮮。
    納豆チャーハンもこのレシピのアレンジで。

    【送料無料】いそがしママの15分レシピ

    【送料無料】いそがしママの15分レシピ
    価格:780円(税込、送料別)



    ところで「いそがしくないママ」っているのかしら。
    私は育休中でずっと息子といたときも、職場復帰した今も、ずっと忙しいぞ。



    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



    スポンサーサイト

    3歳0ヶ月:想像することば 

    2012年1月17日 ことり3歳0ヶ月

    鳥のおもちゃがなくなって(私が職場に持っていった)
    「とりさん、飛んで行っちゃったのかなー」

    食事中に左手を下げていたので
    私「左手どこ?」
    ことり「左手は公園でぶらんこしてるんですー」

    自分で髪を横分けにして額を出して
    「だるまさんみたい~」と大笑い。

    ことばに「想像する力」がぐぐっとつきました。

    あと、料理にはまっています。


    楽しくかわいい、3歳0ヶ月。

    今日でおしまい。

    ありがとう。

    120117_01



    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



    thread: 男の子育児 | janre: 育児 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

    母不在の3歳児検診 

    2012年1月13日 ことり3歳0ヶ月

    ことり、3歳児検診に行きました。
    お父さんと。

    こんな時くらい仕事を休んで一緒に行くべきか、
    当日まで迷いましたが、
    病休と病気による年休以外の休みは、この時期はほぼ不可能なのです。
    これでいいのだろうか
    という後ろ向きな気持ちもありましたが、
    3歳児検診に行かないと決めた以上、
    息子と夫を信じて任せ、私は職場の仕事を一所懸命することにしました。


    夫の報告故、わからないことが多いけれど、

    ・説明会
    ・歯科検診
    ・医師による心身の診察
    ・保健師(?)による面談と発達チェック

    を行ったそうです。
    説明会では、初めて、親ではなくて子どもたちへの説明があったそうです。
    「3歳のみなさん~」って。
    何だか感慨深いなぁ。


    結果・・・
    ・身長90.1cm 体重12.38kg
    ・虫歯なし、歯垢:ふつう、不正咬合:なし、歯肉・粘膜:異常なし
    ・心身の診察:特に気になることなし。お名前と年齢をお医者さんに言いました。
    ・発達チェック:昼寝していて実施できず。問診にて特記事項なし。

    発達チェックの時に寝てしまったのは、1歳6ヶ月検診もだったなぁ。
    結局ことり、1回も発達チェックを受けていません。


    そんなあっさりした結果でしたが、
    所要時間、2時間以上。

    夫「いやぁ、20分程度で終わると思っていたから驚いたよ~。
    でも、お昼食べそこなって、コンビニでおにぎり買っておいたので、
    待ち時間に食べられてよかった。」

    そんな、20分で終わるわけがないでしょう。
    この地域の3歳0か月児が全員対象なのだから。
    今までの検診や予防接種のことだって、何度も話したでしょう。
    寒空の下を、まだ赤ちゃんだったことりを抱っこしてあっためながら
    予防接種の順番を待ったこととか。
    などなど思いましたが、百聞は一見にしかず、なのでしょうね。

    今年度になって、
    夫と息子の時間:朝6時~9時
    私と息子との時間:夜19時~22時
    と、父母と息子の時間はほぼ同じくらいなので、
    時間的には、夫も私とおぼ同じくらいの子育ての役割をもっています。
    1回だけでも、検診を夫に担当してもらったのは、よかったのかもしれないな。
    と、朗らかな夫とことりの顔を見て、
    私もやっと、今回の選択がことりにとってかわいそうではなかったと
    心から思うことができたのでした。


    120113_01


    細かい発達について、
    トイレについて、
    私の職業故なのかもしれませんが、気になることも少々。
    これらのことは、また別の機会にでも。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



    ごはん、つくるね 

    2012年1月12日 ことり3歳0ヶ月

    保育参観日の甘えモードからずっと、
    「ことりくんがごはんつくるね」
    って言って、息子、ごはん作りの度にキッチンのステップに立っています。
    できそうなことを頼むと、嬉しそうにやっては
    「次は?」
    と。

    ・・・え~、何にしよう…


    19時に帰宅して、
    お風呂の準備とお洗濯第一段とご飯作りをして、
    19:30にはごはんを食べ始めたいので、
    ごはんづくりにかけられる時間は20分くらい。
    ここに3歳なりたて児のお手伝いを組み込むのはなかなかの技なんですよ。

    でも、私の家は独立型のキッチン故、
    ごはんを作る過程に触れる機会は少なくなりやすいので、
    これも大事なのかもね。

    夏に一緒におやつづくりをしたときよりも、
    色々なことが上手になっているのが、嬉しい発見でした。


    ・・・息子のお手伝い・・・
    ・ボールやお鍋に食材や調味料を次々に入れる。ナムルやお焼き作りなんかは、混ぜるところもゴー。
    ・食材を袋や容器から出す。インゲンを見て「アスパラだね」と言ったりするので、これを機に名前を覚える。
    ・のりを細かくちぎる。混ぜご飯に乗せたり、サラダにしたり、お味噌汁に入れたり。
    ・お皿に盛り付ける。プチトマトとかは「○個乗せて」と数もお試ししながら。
    ・時間に余裕があれば、熱いお鍋に注意深く食材を入れたり、キッチンばさみで食品を切ったり

    大変だけど楽しい、そんな時間。

    120112_01


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



    初めての保育参観 

    2012年1月5日 ことり3歳0ヶ月

    新年早々、息子の保育園の保育参観に行ってきました。

    参観期間中はどうやっても仕事を休めそうもなく、
    園長先生に相談したところ、期間外でもよいとのこと。
    お正月明けのどさくさに紛れて、年休をとることができました。

    <参観>というよりは<参加>の形式で、1日一緒にこどもたちと過ごします。
    一緒にお散歩に行ったり、
    手を洗ったり、お着替えをしたり、おトイレに行ったり、遊んだり。
    子どもたちのお昼寝時間に給食をいただいて、面談をしました。

    時間を気にすることのない、子どもたちとの時間。
    仕事ではありえないし(お子さんのコミュニケーションに関する仕事をしています)、
    家でもなかなかそうはいかないので、
    なんて、楽しい。

    一方、ことりは、何だか不安げ。
    ラジオ体操から何度も何度も少し不安げに後ろを振り返って私を見ていました。
    その後は、甘えたいのに甘えられない複雑な気持ちでいたみたいです。
    「ままー」と来ても、
    ママ(私)はほかのお子さんと遊んでいるし。

    お昼寝の時に面談で私がいなくなったからと泣き、
    帰るときに置いて行かれると勘違いして泣き。
    帰ってからは、今まで唯一別々に過ごしていた、私ごはんづくり&ことり電車DVDタイムでさえ、
    「ことりくんもごはんつくる!!」
    と、ずっとくっついている気らしい。
    そうですか、そうですか。

    保育園での息子。
    私がいたせいもあるかもしれないけれど、
    全体的におとなしくて。
    その個性を大事に見守らねばと思う気持ちはあれど、
    ちょっと心配してしまったりも。
    息子はまだまだ3歳と小さいけれど、親の私もまだまだ未熟だなと思います。

    ことりにとっての保育園。
    楽しいながらも、たくさん頑張っているんだな、と思い、
    ますます息子が愛しくなりました。

    彼女ができるまでに、少しずつ子離れしないとねー。

    120105_01
    まだ、横にいるのはスヌーピーだけど。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。