* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    3歳9ヶ月。一気に文字を読むようになりました。 

    2012年10月17日 ことり3歳9ヶ月

    月のまとめなんて、気づけばずっとしてなかったなぁ・・・


    3歳9か月。
    ことり、一気に文字を読むようになりました。


    121017_01


    毎朝、保育園送り担当お夫から送られてくる、
    「今日のことり」メール。
    3歳8か月の終わりころに、
    「ことり、しまじろうパソコンで自分の名前が打てるようになりました」
    というメールがきたので、

    またまた~、と思っていましたが、
    降園時に
    「しまじろうのしー」
    とか言ってる。

    帰ってからも
    「しまじろうのしー、カメラのかー」とか言いながら、
    自分の名前の文字を一つずつ入力。
    (ことりの本名は「しか」ではありませんが)
    びっくりして、すごいねーって言うと、さらににっこりしてもう1回。

    次にはお父さんの名前とか、私の名前とか、なぞのおともだち<おまじさん>を
    やってみたいそうなので、一文字ずつ教えながら。

    (<おまじさん>とは、ことりの頭の中のおともだちで、
    大きいのには顔と目がなくて、小さいのには顔があるらしい。
    あまり想像したくないような相貌なんだけれど、もう長いお友達です。)


    それをきっかけとして、どんどん文字を読むようになっていきました。
    特殊音節や漢字をすっとばして、読める時だけを読むので、なんだかおもしろい

    こどもの発達の研究で、
    「文字はほとんど読めないかほとんど読めるかのどちらか。
    つまり、読みだしたらあっという間に読めるようになる」
    という内容を読んでいたので、
    これのことか・・・
    と驚く気持ちです。

    保坂一志さんの「季節の記憶」が大好きなのと、
    自身の職業の興味故、

    あまりことばに関することを熱心に教えるのはやめておこう、
    沢山遊びながら、発達による獲得をしっかりみていよう

    という方針なので、文字は特に教えもしませんでしたが、
    息子の頭の中が大きく動いて、何かを獲得して、
    そのことで嬉しそうにしているのを見るのは、私も嬉しい。


    「○のつくもの探し」とか「しりとり」とかちょいちょい言葉のあそびを楽しんでいます。




    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ




    スポンサーサイト
    thread: 3歳児の日常 | janre: 育児 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

    息子と一緒にハロウィン製作 

    2012年10月16日 ことり3歳9ヶ月

    ハロウィンっぽい物(かぼちゃ)、
    ことりと一緒にちょこちょこ作っています。
    当日は何をするわけじゃないけれど、こんなことって何だか楽しい♪



    毎年恒例、かぼちゃにシールでお顔を貼って。
    今年はことりが一人で上手にささっと貼りました。
    3歳ってえらいんだな。

    園の帰りに拾ってきたススキと一緒に、リビングに飾っています。
    121016_03


    クロスステッチのかぼちゃとおばけは玄関に。
    121016_02

    おばけがかぼちゃでお手玉をしている、陽気な感じにしたかったのだけれど、
    遊びに来た妹が、そうっと、
    「このかぼちゃはわざとずらしたの?」と。
    間違っちゃったように見えたようで・・・


    このかぼちゃをモチーフに、イラストを描いてみたり。
    121016_04



    福笑いのように、ときどきことりによって顔が変えられていたり。
    121016_01


    昨日は園の絵画教室だったそうで。
    (1~3歳クラスに、お外から先生が来てくれるらしい。贅沢~)
    くだものの絵本を読んで、果物の絵をクラスの子全員で、模造紙いっぱいに絵の具で表現していました。
    ことりはオレンジの果物(?)を見て
    「中央線と同じ色だよね」とか言っていたけど。


    あら、もうことりが起きてきました。
    早起き息子だなー。

    私も出勤準備しないと。
    クロスステッチの本のことなど、また後ほど。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


    thread: ハンドメイドと素敵な育児 | janre: 育児 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

    秋晴れ 

    2012年10月8日 ことり3歳9ヶ月

    秋晴れ。


    121008_01


    おにぎりを作って、
    おかずを買って、
    大きな公園でごはんを食べたり遊んだり。

    ことりは、野球デビュー。
    うまく打てないと、地団駄踏んで怒っていました。
    夫がイライラしないのが、えらい。
    少しも自分の技量を顧みないで、ただただ怒っている息子は、すごい。

    よく見るとランナーも大勢。
    ランウェアで来て、ここで走るのもありだなぁ。
    おやつもたくさん持ってきて、1日公園に滞在するのだ。


    121008_02
    ストライダーではにこにこ。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


    thread: 3歳児の日常 | janre: 育児 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

    きっと、そんなとき。 

    2012年9月22日 ことり3歳9ヶ月

    高校からの友人の家に遊びに行きました。
    友人家の旦那さんは夫と大学同期なので、
    なんとも気楽な間柄。

    お土産スイーツのリクエストを聞いたら、
    元お料理のプロでおいしいものへのこだわりが人一倍だった彼女なのに、
    帰ってきたメールには、こどもたちの好きなものと嫌いなもののことが控えめに書かれていて、
    自分のことには一言も触れず。

    楽しくおしゃべりして別れて、はっと気づくと、
    私が撮ったのはこどもたちの写真のみ。
    久しぶりだったのに、2人で撮るの忘れちゃったね。

    そんな自分たちの変化は、
    笑っちゃいつつも、心にすっとなじんでいました。
    私たちって、今はきっとそんな時期。
    思いっきり今のこどもと一緒の時間を楽しんで、
    もっと先に、大人女子(←便利なことばですねー)時間を楽しもう。

    長い友人っていいものだと、
    実感できた1日です。

    120922_01
    結局選んだお土産スイーツは、思いっきりこども寄りに。


    ことりは、ちょっとお兄さんたちに遊んでもらって大満足。
    見たことがないからわかっていないだろうに、
    変身ベルトを貸してもらったりして嬉しそうでした。

    一番はまっていたのは野球盤!
    まだ、あるんだね。
    電子音で実況中継が入っていたりして、ちょっとだけ現代風になっていました。


    1時間以上の電車の旅、しかも初めて乗った電車もあったので、
    帰ってからもずっと、電車図鑑を開きながら
    「これ乗ったんだよねー」と、振り返っていました。

    120922_02


    それぞれ、よい思い出。



    ↓エポック社の野球盤のページ。いっぱいありすぎて、わからない・・・
    http://epoch.jp/ty/yakyuban/product/


    サンタさんからになるか?





    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


    thread: 男の子育児 | janre: 育児 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

    ことばあそび 

    2012年9月26日 ことり3歳9ヶ月


    ことり発信の、いろいろな言葉遊び。

    昨日は

    「○○はじめて見たね。」


    ってことりが言って、私が何らかのリアクションをするというもの。

    「タオル、初めて見たね」
    「お布団、初めて見たね」
    「扇風機(←まだ出てます)初めて見たね」

    そのたび、息子は大笑い。
    恥ずかしいという気持ちはまだ家の外でしかみられない、
    この年代ならの無邪気な遊びなのかも。

    まー、しつこいくらい繰り返す遊びに、
    「はい、はい、みたね~」
    なんて、後半は流していますが、


    最後には私のところに来て
    じっと私を見ながら、
    「ママ、はじめて見たね。」

    と言われたのには、なんだかどきりとしてしまって、
    「そうだよ、ことりのママなんだよ」
    と返しながら、頭をなでたら、

    そうなんだ、私はことりのママなんだ。
    ことりにはママが1人しかいなくて、それはこの私なんだ。
    毎日の暮らし方とか、これからのこととか、
    考えることはたくさんあるけれど、
    ことりのママは私しかいないんだと思うと、
    ぎゅーっと息子が愛しく感じられるのでした。


    120926_01

    最近、石とか葉っぱとか、色々なものを拾って持って帰りたがります。
    「ふわふわだから持って帰りたいなーって思っちゃったの。」
    って拾ってきたススキをダイニングのテーブル飾りました。
    もうすぐお月見。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



    thread: 3歳児の日常 | janre: 育児 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。