* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    小さな命との別れ 

    2013年6月10日

    平日の代休。楽しみだった妊婦健診。

    でも、小さな命は止まっていました。
    4か月を目の前にして。
    見えていた心臓の動きはなくなり、3週間前の検診から少ししか大きくなれませんでした。

    環境上の理由はなく(私の生活スタイル等)、
    早く異変に気づいたとしても対応法はなく、元々育つ力がなかった、
    あっさりとした説明の中で、このことばは心理的に大きな意味をもっているのだと思います。

    検診に通う小さなクリニックではもう対応できない週数だということで、
    今日、出産予定だった大学病院で手術をします。


    つわりもあって、日々おなかが大きくなってきていたので、
    全く気付かなかった。

    心拍が見えるまで、その後も初期を過ごす間、
    明日何があっても今日を感謝しようと思って過ごしてきたけれど、
    私の知らないところで何かが起きていたことが、
    まだ理解しきれていない、そんな状態です。



    ことりには、「あかちゃんがいなくなった」と告げました。
    急におなかの上に乗ろうとしたり、
    「あかちゃんしんじゃった」と元気に言ったりするので、
    知識としてはわかっているようです。


    約2か月だったけれど、家の中に親以外にことりに仲間ができて、
    お兄ちゃんになる姿が見られて幸せだったと

    心からそんな風に思えるようになるように、
    これからもむすこが楽しいと思える日々を作れるように、
    元気になりたいと思います。


    お祝いのメッセージをくださった方、ありがとうございました。
    毎日気持ち悪く、色々な予定をばたばたと変更する慌ただしさも含めて、
    幸せだった2か月、より嬉しい気持ちで過ごすことができました。



    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
    スポンサーサイト
    trackback: -- | comment: -- | edit

    ごはんのスケジュール、ぐるぐると。 

    1週間のごはんスケジュール。
    仕事復帰2年目にいい感じに固まってきました。

    いわゆる「丁寧な暮らし」とはほど遠いけれど、いいの、いいの。
    このスキルを上げて楽しく暮らすことが、今の私の生きる道。


    土用の早朝:来週1週間のメニューを決めて生協注文

    土日:ごはんをまとめて炊いて冷凍庫にイン。1週間これで乗り切ります。

    土:1週間ぶりに家族がそろう食卓。みんなの好きなものをちょこちょこ作る居酒屋形式、手巻き寿司、鉄板焼きだったり、楽しいメニュー中心。

    日:夜ごはんといっしょに、月火曜のごはんを作っておく。完全に仕上げたり、下準備までだったり、メニューによりけり。スーパーにお買い物に行きます。

    月火:土日の自分の働きに感謝しつつ、帰宅→ごはんまで10分が目標。朝に仕込みを進めておきます。

    水:むすこのお迎えは夫に託して、エンドレス残業デー。父子デートは大抵デニーズ。

    木:疲れてくるし生協で届いた品の搬入もあるので、簡単に「麺」デー。生協の焼きそば太麺が息子のお気に入り、私は讃岐うどん系が好き。

    金:ごはん作らないデー。むすこと2人でうきうきと外食に行ってましたが、妊婦になり夜はおなかが張りやすいので、むすこの好きなコロッケを買ったり、好きなもの中心に。夫は自由に買ったり外食しているのかな。


    むすこが大きくなってたくさん食べるようになったり、
    お弁当が必要になったりしたら(←あまり考えたくないが厳しい現実。学童とかね)、
    またスタイルは変わってくるんだろうな。

    帰宅から就寝まで、息子と一緒にいられる時間は3時間しかないし、
    キッチンが独立型でむすこの姿がみえないこともあって、
    ごはんはとにかく簡単に!

    今週1週間は息子リクエストで毎日ベランダごはんだったので、
    おかずは少なくても、何だか楽しい食卓でした。




    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
    trackback: -- | comment: 1 | edit

    そして、おなかにもう1人 

    2013.5.31 ことり4歳5か月

    いつものように他愛もない話をして笑っていたある夜、
    むすこが何気なく言いました。

    「あかちゃんも笑ってるね」


    ・・・そうでした。

    私のおなかの中にはもう1人、こどもがいるのでした。
    気持ち悪さと眠さ全開の毎日で、
    職場にいれば仕事のこと、
    家にいればむすこのこと、
    それだけでいっぱいで過ぎていく毎日。

    むすこに仲間がいたらいいなと思って願って3年、
    やっとやってきた小さな命なのに、私は忘れがちなうっかり母さんですが、
    ことりはえらい。

    「あかちゃん、いなくていい。ままがいい。」
    そんな風に言っていたむすこだったのに。


    最近は、
    「ママのおなかにあかちゃんいるからきをつけなきゃね」
    と言いながら、おなかを避けて私の上によじのぼってきたり、
    園のおともだちと一緒に、おともだちの妹さんを見に行って、
    「あーちゃんかわいい、気になっちゃう」
    とか言ったり。
    こどもの柔軟性にびっくりします。



    妊娠がわかる直前に、

    「ことりくん、じいじといっしょにお空にいたの。じいじが、あとで行くから先に行ってって言うから、
    とことことこーって歩いてママのおなかに来たの」

    って突然言って、
    そのあとに妊娠が分かって。

    人の命の不思議さと尊さを感じる日々です。


    爽やかだった日。ベランダにレジャーシートを敷いて夜ごはん♪


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
    trackback: -- | comment: 10 | edit

    作り置きと時短ごはんアドバイス 

    ある日の夜ごはん。



    タコライス
    野菜色々サラダ

    会議が長引いてお迎えが遅かった上に、園でもいろいろあり、帰宅は20時前。
    夜ごはんは作っておいたタコライスの素を使って簡単ごはんにしました。スープをつくるところまではたどりつけず。

    人と人が関わると思わぬこと(よいこともそうでないことも)が起こるものです。
    仕事にしろ、園にしろ、人まみれってくらい、人とのかかわりで成り立っているようなものだから。


    ところで、このごはんのもと(タコライスのお肉)があると思うと、ちょっとくらい予定が狂っても、にこやかに対応できる。
    自分でつくっておいたものだけど、非常にラッキーというか、冷蔵庫に宝物があるような、そんな嬉しい気持ちになれるというものです。

    さらに、
    「帰ってから夜ごはんまでは10分よ」と爽やかに仰る、職場の先輩(かなりステキ)からアドバイスをいただきました。

    「炒め物は朝に切るところまで作っておいて、炒めるのは帰ってからすべし。おみそ汁は味噌を入れる前までを作っておくべし!」

    確かに。
    日曜に火曜日までのご飯を作っているにもかかわらず、帰宅から10分では食べられないのは、色々な物をレンチンするから。
    炒めるのは帰ってからすれば、レンジを使う時間も減るし、おいしい。

    むすこと、少しでも一緒にいたいし、
    少しでも早く寝かせたい。
    元気で大きくなって欲しいので、こんな作り置きのおかずとか時短アドバイスがとても嬉しい。忙しさ故に幸せのハードルが大変に低くてよかったなーと思えたりもします。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
    trackback: -- | comment: 0 | edit

    えんそくのおべんとう 

    できた!むすこの遠足お弁当♡



    むすこからのリクエストは、
    「おにぎりとトマト。」
    前回は「おにぎりとにんじん」で、
    相変わらずスイーツ以外にはほとんど関心なし。それでもなぜかかわいく作りたくなるのが、お弁当あるあるというものです。

    毎回どきどきで、作っているときは酸欠になるかと思うけれど、いざ詰め始めてみると、まだ小さなお弁当箱にはほんの少ししか入らないんだね。

    そして完成してみれば、なんという爽やかな達成感。
    「こんなに一生懸命かわいいごはんを考える機会を作ってくださってありがとう、保育園」って思う。
    送りのときに会った同級生ママたちとも、
    「いやー、やったね。」
    お互いの健闘を讃え合うという、何とも晴れ晴れとした朝となりました。

    遠足の前の日の夜は、中川ひろたかさんの「えんそくバス」を読むことが多いです。

    「遠足に行くの、好きなんだー。」
    と嬉しそうに話すむすこが、私は好きだなー。


    遠足から帰ったむすこの水筒を洗っていたら、黒い指のあとがところどころに。
    沢山遊んできたんだね。
    この日は帰ったら、もうむすこは眠っていて話ができなかっただけに、汚れも何だか愛しい。
    だけど、もちろんゴシゴシ洗いました。

    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
    trackback: -- | comment: 0 | edit

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。