* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    地震 

    2011年3月11日 ことり2歳2ヶ月

    地震のことでコメントをいただき
    ありがとうございます。
    ことりも私も離れている家族も無事でした。


    残り少なくなった平日昼間の親子時間を満喫したかったり、
    年度末・新生活に向けての用事が色々あって、
    毎日、毎日でかけていました。

    そのせいか、金曜日、
    いつもは
    「おしょといく?(お外行きたい)」
    ということりなのに、外にあまり出たがらず、
    電車の外出を見合わせることにしました。
    人と約束をしているわけではないし、
    体調を崩してもつまらない。

    めずらしくお昼寝をした息子を寝室に寝かせてしばらくすると
    地震がありました。

    こちらの震度は5。
    震源地周辺の震度に比べれば小さかったものの、
    高層マンションの小さな部屋は、大きく揺れました。
    立ちあがることができず、這って寝室に行きました。
    地面からずんっ・・・と上がってくるような揺れもありました。
    揺れが止まってからも、余震が何度も起こり、
    その都度大きく揺れました。

    どうなるんだろう。
    最初の揺れの間は、ことりの近くで願うことしかできませんでした。
    息子はそれでも寝ています。
    よくないいろいろなことを思い、
    いっそ怖い思いをしないで済むように、寝ていてほしいと思いました。

    揺れが止まってから余震までの短い時間、
    エルゴ(抱っこ紐)と水とことりのおやつを寝室に運びました。

    再び余震。
    携帯はどこにもつながりません。
    停電で、オール電化のマンションは水も出ません。情報も入りません。
    ふと、マンション購入時にもらった災害セットを思い出して取り出しました。
    ラジオとライトがみつかり、電池のストックを出しました。
    その他の災害セットも手元に置きました。
    震源地と震度を知りました。
    でも、そのときは情報が限られていたのと動揺していたので、
    ここまでのことになるとは考えられませんでした。

    家の中は、1つの棚を除いて全て地震対策をしてあったので、
    その1つの棚が倒ました。
    固定してなかったブラウン管のテレビが落ちました。
    書籍が散乱したり、
    小物や食器が落ちたりもしましたが、割れなかったので怪我はありませんでした。


    その後、ことりが起きました。
    余震と停電は続き、
    ラジオで情報を聞いたり、
    時々ベランダから外を見ました。
    遠くの空が真っ赤になっています。火事のようです。
    人が怒鳴っている声が聞こえます。
    こんな時、外に出るべきか迷って階段のホールまで行きながらも、
    エレベーターも止まっているし、余震もあるので、
    ずっと家にいました。

    怖いくらい大きなオレンジの夕日が沈み、
    暗くなっても余震と停電が続きました。
    電気に関して「こだわり」があって、
    少し暗くなると「ぱっちん」と、灯りをつけたがって、時に大泣きする息子ですが、
    「ぐらぐらって地震があったから、灯りもテレビも今日はないよ。でもママがいるから大丈夫だよ。」
    と強く言うと、
    「電気ないね。いないいないばあないね・・・」
    と、つぶやいて、それ以上騒ぎもしませんでした。

    小さなライト1つ、暗い冬の家の中、
    2人でダウンを着て毛布をかけて、
    いつもはあまりあげない市販の甘いおやつを沢山あげて、
    音が出る絵本を沢山出して歌ったり踊ったりして遊んで、
    息子が暗闇から持ってきた本を膝の上で読んでいるうちに、
    ことりも私も寝てしまいました。
    日付が変わる少し前に停電は回復し、
    夫は8時間かけて職場から歩いて帰ってきました。
    離れている家族ともやっと、メールで連絡がとれました。

    まだ連絡の取れない知人もいます(数日後、福島から返信がきました)。
    24時間以上経ちましたが、まだ最寄り駅の電車は止まっています。
    今せめてできること、節電と物資の節約を心がけています。

    とりあえず、携帯でつけた記録をもとにさっと書いたものをアップします。
    (その後、若干の加筆修正をしました)

    にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ

    スポンサーサイト

    はじめての新幹線と幼児の「言い間違え」 

    2011年2月5日 ことり2歳1ヶ月

    出張中の夫のお出迎えに東京駅へ・・・
    というのは建前で、

    新幹線を近くで見たくて、東京駅へ♪♪♪

    はじめてことりが間近で見た新幹線は
    「もこち!」(こまち)
    でした。

    110205_06


    どんどん、どんどんやってくる「しったまー(新幹線)」。

    「もこち(こまち)」に「あしゃま(あさま)」に
    「あしゃま(つばさ)」に「はやて」にやまびこにたにがわに・・・・

    ずっとずっと見ていたい息子を
    横須賀線で誘い出して何とか脱出しました。

    東京駅で新作スイーツを探したいと思ったけれど、
    立ち止まろうものなら
    「よこすかせーん!!」
    と真っ赤になって泣くから、スイーツどころじゃないよね。
    家に戻ってから、何かおやつ作ろう。


    ***

    ところで、
    息子の「もこち(こまち)」

    最初はきちんと
    「こまち」だったのに、
    「こまち」→「まこち」→「もこち」
    と変化して、現在「もこち」で定着。
    音そのものが「ま」→「も」と置き換わり、
    さらに順番も入れ替わっています。

    こんな入れ替わりで定着しているものは、他に
    「あまた(頭)」
    も。これも最初は「あたま」って言っていたのになー。


    1つの語が「発話」として産生されるまでには様々な工程が必要で、

    言葉の音を想起して、

    その音の1つ1つを頭の中で正しい順序に並べ替えて、

    言葉の音として表現する

    そんな過程で生じる誤り。
    「音韻(想起・配列)の誤り」「音形の誤り」などと呼んでいます。

    そんな誤りは大抵自然に直るので、
    大人はそんな誤りに対して、特に言い直しをさせたり、
    「正しい」言葉を教えこむ必要はあまりなく、
    「こまちかっこいいね」「あたま洗おうね」
    と会話の中でさりげなく正しいモデルを呈示する程度でいいのですが、
    (年齢や疾患や特長によっては、援助の対象となることもあります)


    なんともかわいらしい間違えなので、
    つい私もくくっと笑いながら
    「もこち、かっこいいね」って言ってしまうことも。

    何かの登録で新しくユーザーネームをつけるときなど、
    つい「もこち」ってしたくなるほどだけど、ぐっとこらえています。

    こんなかわいらしい誤りはきっと一時のことで
    ことりもわたしも、いつかは忘れてしまうだろうから。


    にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ

    thread: 男の子育児 | janre: 育児 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit

    はじめての雪 

    2011年2月15日 ことり2歳1ヶ月

    ことりが生まれて、初めて「積もった」雪。
    朝わくわくしながら、暖かい服装で外に出てみると、

    あらら、これだけ。

    \110215_01


    でも、焦って雪を探す私に対して、
    ことりは溶けてしまった水をばしゃばしゃして
    「おみずじゃー」って十分に楽しそうでした。

    \110215_02


    そうだね。今の状態を楽しむことって、大事だね。


    そうは言っても、せっかくの雪。
    ご近所を探索して、
    日陰の小さな芝生に残っていた雪をやっと発見。

    \110215_03

    「わー、冷たい」「だめー」
    と、雪にはほとんど触らず、ひたすら掘ってはバケツに移していました。

    これも楽しかったけど・・・

    こうなったら、沢山の雪に出会いたいよね。
    せっかくだから、新幹線に乗っちゃおうね。
    と、急遽旅に出ることにしました。

    にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ

    りんごのおやつたち 

    2011年2月28日 ことり2歳2ヶ月

    1日雨や雪だった日。
    午前中外出したら、ことりのコートはびしょびしょになってしまったので、
    午後はご近所さん親子とのんびりお茶タイム。
    こどものおやつには
    りんごの蒸しパンとバナナジュースを用意しました。

    いつもはぐるぐるどっかんは私の上に乗っかっているばかりの息子ですが、
    年下の女の子たちにいいところを見せたいのか、
    しっかり踊っていました。
    踊りながら、大人たちをみてにこにこ。

    いつもの様子は黙っておいてあげるね。
    女子たちにもてるといいね。


    ***

    りんご。
    1~2歳のおやつやデザート、
    ちょいちょい風邪をひいて食欲がなかったときの主食にも
    とてもお世話になりました。

    蒸しパンに入れたり、
    パンに入れて焼いたり。

    角切りにしてレンジにかけると3分程度で簡単煮りんごができ、
    これはジャムやヨーグルトソースのように、とても便利に使えました。

    バケットで作ったラスクやクラッカーの上に
    角切りレンチンりんごを乗せたおやつは、大好評。

    110228_03


    焼きリンゴも作ったね。

    ことりと私の2人おやつ。フライパンで焼く簡単バージョン。
    110228_01

    週末、オーブンで焼いた本格バージョン。
    110228_02



    最近スーパーでおいしそうなりんごをみつけるのが難しくなり(品種の違い?)
    季節の移り変わりを感じます。

    着々と近づく春。
    楽しさと、さみしさと、不安と・・・


    つまみ食いマン、参上!
    110228_04


    にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ

    お絵かきおにぎりもって、動物園♪ 

    2011年2月5日 ことり2歳1ヶ月

    2人の週末。
    暖かそうだったので、
    おにぎりもって、近所の動物園へ。

    110205_01

    色々やってみた結果、
    一番簡単なおにぎりアレンジは
    ラップで包んだ後に、マジックで落書きすることかなーと思っています。

    あとは絵心・・・

    ことりに、
    「これ、何に見える?」って迫ったら、
    「ぺんぎんしゃん」「あんま(ぱんだ)」「にこにこ」
    って答えてくれたので、ぎりぎりセーフ。



    「ペンギンを見に行こうよ」
    って言ったら、ちゃんと覚えていて
    動物園に着いた途端
    「ぺんぎんしゃーん」
    って走り出したし、

    110205_02



    鳩を追いかけて、
    私から初めて離れて、遠くまで走って行ったし、

    110205_05


    以前は手をつながないと下りられなかった階段を
    一人でとことこって降りていったり、

    冬の静かな1日、
    確かに確かに息子が大きくなっていることを感じました。


    110205_03
    どっちが動物?


    にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。