* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    横浜こどもの国でのスタート 

    2011年11月3日 ことり2歳10ヶ月

    街には七五三のかわいらしい姿がちらほら。
    地域によっては男子も2回七五三をするとか?

    まあいいか

    と、調べもせずに、
    七五三は5歳1回勝負にした、私たちの11月の休日。
    横浜のこどもの国に遊びに行きました。
    たまには、息子のため100%の場所もいいのでは?と思ったのです。

    でも、
    広々していて、緑がたくさんで、
    わくわくしながら歩いていると、
    色々なところに遊具を見つけたりして、

    その都度
    「わーっ、あれなんだろ?行ってみよう」
    って寄り道して。

    いやいや、息子100%だけでなく、
    私も100楽しい。


    えっ!?
    と驚く位傾斜がゆるいすべり台
    手でこがなくては進まないのですが、なぜかこれが大人気。
    間をとらなくても危なくないので、みんな次々に滑る滑る。
    台の途中でこどもたちがおだんごのように連なっているのが
    なんとも可愛らしくて。


    111103_03
    こがないと、さっぱり進みませんー


    ことりは列に加わるのに様子を伺いながらなので、
    ちょっと時間はかかるけど、
    それでも、人が少なくなったり、大きい子が滑り終わったちょっとした隙間を見つけては、
    列にちゃっと並んで滑っていました。

    何でも怖いのではなくて、
    いつなら大丈夫かを考えて行動できるようになったんだね。

    保育園という場での生活環境が後押ししての、
    息子の発達。


    小さい子を列に入れてあげよう、とか
    伝えたい気持ちもあるんだけれど、
    以前それをしたら、
    小さい子が見えなくなってもずっと
    「○くん(←自分のこと)は待ってねー」とつぶやいて
    動けなくなってしまったことがあったので、
    そんなルールは、もう少し息子が前に進もうという心が強くなった時に
    改めて伝えたいと思います。
    今だって、自分より小さい子を押しのけたり乱暴にしているわけではないのだから。



    <手や口は必要な時にしか出さないけれど、なるべく目は離さない>

    きっと、これがこれからの子育ての基本。
    広い広いこの場所のこの姿から始まったと、確かに感じました。

    ことりが遊んでいて、私はベンチに座って見守るという、
    初めての遊び方。
    「まま、一緒に行こ」って言わないで、
    滑り終わると、にこにこしながら私のところに来て「もう1回ね」
    と確認してから再びすべり台に走っていく、
    楽しそうな息子。
    「うん、もう1回ね」って私も繰り返し、
    結局閉園まで沢山遊んだ1日でした。


    111103_04


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ

    スポンサーサイト
    thread: 2歳児の日常 | janre: 育児 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

    はじめての運動会 

    2011年10月15日 ことり2歳9ヶ月

    雨と風で体育館開催になった、
    はじめての運動会。

    ことりの出場種目は、
    ・借り物競争みたいなもの
    ・マットと跳び箱
    ・おゆうぎ
    の3つでした。

    もう、運動会があるってだけで母は嬉しいから、
    泣いていたって立ち尽くしていたって、なんでもいいぞ。
    元気に出席できれば100点満点、
    って思っていましたが、

    手足を振り上げてちゃんと行進しているし、
    ラジオ体操も腕をグルングルンと振り回してやっているし、
    走ったり、お名前を言ってでんぐり返ししたり、跳び箱からぴょーんと飛び降りたり、
    お遊戯も歌いながら踊っていました。
    2歳児クラスは風邪が流行っていてお休みの園児も多かったので、
    ことりは人数合わせのために、園長先生と一緒に2回競技に参加していました。
    思っていたよりもずっとしっかりしている息子にびっくり。

    111015_01
    スタート地点で園長先生に何やら指示されて真剣(そう)な息子。

    111015_02
    と思いきや、ゴール寸前で立ち止まっている気ままな息子。


    後半は幼児クラスの種目を1時間くらい見学する時間だったので、
    飽きてはちょいちょい保護者席を見てにっこりしながら脱走して、
    先生に捕獲されていました。
    先生、お手数かけてすみませんね、という気持ちと、
    ことり、いいよいいよ、こっちおいでという気持ちで保護者席から見守っていました。

    1歳から6歳までいる保育園の運動会は、
    ちょっとした人間の進化(発達)が観察できたのも楽しかったです。


    初めての運動会。
    張り切って楽しく参加できたことり。

    張り切って、前々日に発売されたばかりのズームレンズを購入した母(私)



    軽くて、ズームが電動なので、
    特に動画撮影時に手ぶれしにくくて使いやすかったです。
    次の出番はいつかなー。

    ずいぶん前の記事ですが、私の備忘録ということで・・・

    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ


    thread: 保育園児日記 | janre: 育児 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

    息子に守られて 

    2011年11月17日 ことり2歳10ヶ月

    ブログの更新、しばらくお休みしていました。

    小さな息子と一緒の時間。
    今が大事で一生懸命なあまり、
    忘れたくないと思っていても、前のことがさらっと記憶からこぼれてしまう。
    だから、楽しいこと、愛しいことを
    できるだけ記憶にとどめたいと思って書いているこのブログ。


    でも、こんなときもあります。

    親はいつも子どもを守るものだと思っていたけど、
    しばらくの間、息子に守られっぱなしでした。

    「まま、○くんがいいこいいこしてあげるね」
    いすの上で立ち上がって背伸びして、私にいいこいいこ。

    涙の私を見ながら、自分も涙を浮かべて
    「○くんがいるから、大丈夫だよ」

    「おくすり飲んだから元気になるね」


    多分、元気のない私を見て、
    私がことりの不調の時に言ってきたことばを思い出して、
    同じように言っているのだろうけど、
    それでも、息子の優しい言葉に泣かされっぱなし
    息子に守られっぱなしの数日間でした。

    休んでいた間にも来てくださった方、
    ありがとうございました。
    ことりも私も風邪をひきながらも、もう元気です。


    111117_01
    1歩1歩、進む。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。