* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    嬉しかった保育参観 

    2012年11月5日 ことり3歳10ヶ月

    土日の休日出勤の代休は、ことりの保育園参観。
    今年は夫と2人で行きました。

    参観って園によって色々な方法があるようですね。
    ことりの園では、参観する保護者は1日1組。
    親も保育者として、こどもたちと一緒に過ごします。
    朝はラジオ体操とマラソンから始まり、11時30分にはお昼ごはんと、なんとも健康的な1日。


    思えば、1年前の参観。

    http://uzurapicnic.blog58.fc2.com/blog-entry-430.html

    「ことりくんのママは今日は先生です」
    と本当の先生から言われたことりは、不安そうな表情で私から離れて緊張して過ごしてました。
    他のお友だちがどんどん私に関わってくるなか、甘えたいのに近づけなくって、
    遠くから不安そうに私を振り返って遠慮していた息子が健気で、
    楽しいよりも切ない気持ちが強かった去年の参観日。

    でも、今年の息子はたくましかった。

    にこにこして
    「ままーっ」
    と走ってきては、私を遊びに誘うこともできるし、
    お友だちにとられそうになっても大きな声でしっかり自己主張できる。

    気持ちを表現できること、伝えられること。
    にこにこして保育園で楽しそうに過ごせること。

    私が願っていたことが、
    ちゃんとできるようになっていました。



    そして私は園児たちからもてもて。
    最初に前に出てあいさつをするときから、
    「ことりくんの、ままーっ!」
    わーっ、きゃーっと大声援。
    外に出れば、みんなが「どんぐり拾った!」と次々見せにきたり
    「工事現場に行こう!」と次々にお誘いがかかってひっぱりだこ。
    モテ期到来の私は、もうその気になって、思いっきり一緒に遊んじゃいました。

    参観時間が終わったあとは、外部から先生が来る絵画教室。
    私は自由参加だったので、後ろからそっと見ていました。
    これはこれで、こどもたちで流れを作って笑いあいながら、なんとも楽しそう。

    こうやって、少しずつ、
    息子は息子の世界をつくっていくんだろうな。

    ことり。
    それまでもうしばらくの間、
    一緒のときを。


    121105_01



    私の子育ては、細やかでもおしゃれでもなく、
    ただ、限られた時間を後から後悔しないように、
    可能なだけとことん一緒にいること、
    というような気がします。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

    スポンサーサイト
    thread: 保育園 | janre: 育児 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。