* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    木製パズル(図形型はめ)始めました 

    2010年6月9日  ことり1歳5ヶ月

    以前作った型はめ導入のおもちゃ。

    100527_01


    最初は1つ入れると2つめも同じ場所に入れようとして怒っていましたが、
    入れる場所の近くに蓋を置いてわかりやすくしたり、
    ことりと交互に私がやって見本を示している内に
    すぐに1人でもスムーズにできるようになりました。

    そして、最近、
    木製のジグソーパズル(いただきもの。20ピース以上に分かれていて難しい)を
    「えしっ!」
    と、すぐに私に持ってきます。

    そっか、
    ことり、パズルしてみたいんだね。

    ちょっと遅くなっちゃったな~、と思いながらも、
    エド・インターのライオンパズルを購入しました。

    ライオンパズル

    ライオンパズル

    価格:1,365円(税込、送料別)




    ○□△といった、初期の図形弁別ができて、
    配置と形がシンプルではめやすい
    (三角形なら正三角形の方がはめやすいし、
    3つの図形がばらばらに配置されているよりも、横並びの方が比較しやすい)
    ということが、購入のポイントです。

    最初は様子をみてみたかったので、

    「ことり~、パズルだよ」

    と、普通に渡してみると、次々にピースを外し、

    100609_01


    でも、全てを最初からはめるのは難しかったようで、
    頭を抱えた後に逃走してしまいました。
    形と大小、両方の概念を、最初から頭の中で整理するのは難しかったみたい。

    100609_02
    やっちまったな~


    よしよしして、おやつを食べて気を取り直した後、

    下の丸のピースだけを外して渡してみたり、
    私も遊んでみたり
    次に下の3つを外して渡してみたら、
    数分後には楽しく3種類の図形を区別してはめていました。

    100609_03


    できあがると、拍手っ♪

    100609_04


    ちょっと達成感もあって、楽しいみたいです。
    よかった♪
    沢山遊んで、挑戦したり、発見したりしてね。

    エド・インター社は、幼児教育のお教室があり、そこでテストしながら
    知育玩具を開発している会社のようです。
    価格も手ごろで、面白そうな木製のおもちゃが多いので、
    今後よく購入することになりそう。

    ただ、このパズル。
    説明書には
    「はじめてのおもちゃ 6ヶ月~」
    「1才までに覚えておきたい基礎概念」
    と、表記があります。

    一般的な発達検査では、決まった方法があるものの、
    丸、四角、三角の図形弁別は1才半過ぎに60%以上のこどもが獲得するとされています。
    そのため、私には、

    「あれっ?これって、1歳までにできないといけないと誤解されちゃう可能性もあるのでは?」

    と、少々違和感も感じました。
    ピースを外してみたり、形や色を見たり触れたり、という視点では、
    確かに6ヶ月から遊べますが、
    1才までにできないからといって、焦る必要もないように思います。

    遊びは、楽しく♪


    ↓ランキングに参加しています。クリック、嬉しいです♪



    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
    関連記事
    thread: おもちゃ・玩具 | janre: 育児 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://uzurapicnic.blog58.fc2.com/tb.php/189-63867389
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。