* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    震災の後 

    2011年3月30日 ことり2歳3ヶ月

    ことりが2歳になる少し前から、日付の捉え方は
    「○月○日」よりも、「育休はあと○日」
    が先になっていました。

    いつでも一緒の幸せな時間。
    終わりが近づくことがさびしくて、
    ただ、今を大事に楽しめばいいのだと頭ではわかっていながらも、
    不安な気持ちが大きく、時々体調を崩しました。


    大地震の後、被災地の状況がわかるにつれ大きくなる、驚きと悲しさ。
    今命があることに対して、恐ろしさと申し訳なさすら感じました。
    時間はしばらく止まっているように思えました。

    でも、私たちは生きている。

    ことりには怖さを感じさせないように心がけたつもりでしたが、
    たった2日外に出なかっただけで、
    「おしょと行く(お外行きたい)」と言わなくなった息子。
    それでも外に出てみると、不安な表情で私にしがみついて1時間近く泣き続けました。

    これじゃあ、いけない。

    私たちの時間が、少しずつ動き始めました。
    今までと同じように、昼間は外に出て遊ぶようにしました。
    節電と物資の節約を意識するあまりに、
    テレビをつけることや買い物に行くこともほとんどやめていたのですが、
    それも少し見直し、
    ことりが大好きな番組を少し観るようにしたり、
    スーパーで必要な物も買うようにしました。
    少額だけど、寄付をしました。
    日本赤十字社。ネット上からクレジットカード決済で寄付ができ、便利でした)
    私の仕事の団体のweb等で今出来ることを調べました。
    最初はただ単に電源を落としただけの便利家電でしたが、それに対応するための物を準備しました。
    (食洗機の使用をやめて手洗い用の食器洗剤の予備を購入、便座の保温を切って便座シートを購入、などなど。)

    保育園と仕事復帰の準備も再開しました。
    ことりが保育園で使うエプロンやループタオルを、ちくちく手縫いで量産しました。
    会社の社長さんのように、沢山のはんこを衣類やおむつに押しました。
    芸能人のように、沢山のサイン(名前)をことりの衣類や持ち物に書きました。
    ことりとおさんぽしながら、1日2回は保育園の前で
    「ことりの保育園だよ。先生とお友達が沢山いるよ。4月から毎日行こうね。」
    と伝えました。
    計画停電の影響もあり、
    地域の保育園は通園自粛要請や給食を中止しているとのことでしたが、
    それでも毎日伝えました。
    私の所属部署は一向に決まらず、このまま席がなくなったり?と
    思ったりもしましたが、それでも毎日伝えました(なんとか決まりました)。

    ことりは再び外が大好きになりました。
    そして、少しずつ私から離れて走り出すことが増えてきました。
    あんなに怖がっていたお友達のことを、
    興味深そうにじっと見つめたり、時々ついていくようになりました。

    時間は動いている。
    私たちは今生きている。
    前を向いて進もう。
    できることを考えてしよう。

    今、そう思っています。

    自分の記録のためとは言え、公開しているブログです。
    表現には気をつけたつもりですが、この文を通じて、
    傷つく方がいらっしゃらないことを願っています。
    今回はコメントを閉じました。

    にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ

    関連記事
    trackback: 0 | comment: -- | edit

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://uzurapicnic.blog58.fc2.com/tb.php/346-23d24c02
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。