* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    おえかき、だいすき。 

    2011年4月28日 ことり2才4か月

    近場出張で、予期せぬこといろいろ。
    表参道をダッシュで駆け抜けたのは初めてです。
    デートでゆっくりお散歩した時期も楽しかったけれど、
    彼(息子)が待つ家(園)に急ぐというのも、
    これはこれで「今ならでは」という感じで、けっこういいね。

    保育園についたのは20時近くに。
    さすがにことり、少し泣いてました。ごめんよ。

    おなかぺこぺこかと思ったら、
    (おなかがすくと、「ぺこぺこ」とおなかを抑えながらやってくるのが面白くかわいい)
    家に帰るとすぐに、
    「まっくす描く?(描いて)」
    いいよ、いいよ、とたくさん電車を描きました。

    最近お絵かきが大好きです。
    おえかき帳は3~4日で1冊のペース。
    ほとんど電車で埋め尽くされていますが、
    何だかすべてが記念のような気がして、裏の固い紙に通し番号と日付を入れて
    とってあります。

    絵から息子の発達を知ることもできるし、
    おえかき帳に残された絵から、夫と息子の朝時間を知ることができて、
    そんな意味でも面白い。

    ほぼ夫作<マックスといろいろ>
    110428_02
    子供番組のキャラクターなんだろうけど、私にはさっぱりわからず。


    お絵かきがとても好きになったのは、
    たぶん、この絵本と、
    クレヨンをベビーコロールから普通のクレヨンに変えたことがきっかけ。




    <そらとぶクレヨン>
    竹下文子さんと鈴木まもるさんのシリーズは、
    懐かしい絵と、想像する楽しさが広がる世界が好きで、
    電車や積み木のシリーズも揃えています。

    クレヨンは、ベビーコロールでもいろいろ描いていたけれど
    ベビーコロールのことは「あか」と呼んでいて、
    クレヨンとは別のものとして捉えていたよう。

    普通の形状のクレヨンを見せたら、
    <そらとぶクレヨン>を絵本棚からひっぱりだして、
    「クレヨン~」と言いながら、どんどんどんどん描き始めました。


    息子と私コラボ<マックス>
    私が電車の枠を描くと、ことりが自分で電車に合った色を選んで、
    電車のラインなどを描きこむようになりました。

    110428_03
    ことりが黄色いラインを描きました。


    発達段階でいうと、2歳前半は横線や縦線が模倣で描けるようになってくる頃。
    よかったねー。電車を上手に描けるようになって。

    ついでに、絵心は父に似るといいね。

    にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ

    関連記事

    コメント

    犬のおまわりさんが、いてる( *´艸`)
    やっぱり、ことり君はお絵描きも 電車なんだね♪
    好きな事ってツヨイわぁ。。

    うずらさんも、少しはGWがあるのかな?
    ゆっくり楽しめるといいね~~。。

    レイアウト変わってて、プチビックリi-190
    ふふふ。。いろいろ楽しんで?がんばって?ねー♪

    たま #/mBmJ4j2 | URL | 2011/04/30 01:44 * edit *

    たまさんへ♪

    そっか、犬のおまわりさん!!
    夫に確認したら、やっぱりそうでした。
    私は何を見ていたんだか・・・
    たまさん、ありがとう~

    GWは暦通りお休みできるんです(持ち帰りの仕事はさておき)。
    アメリカはGWどうなっているんだっけ??
    たまさんのブログでまたアメリカ文化を学ばないと~

    うずら #- | URL | 2011/04/30 07:00 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://uzurapicnic.blog58.fc2.com/tb.php/353-3ab94c6a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。