* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    親という仕事 

    2011年10月2日 ことり2歳9ヶ月

    早朝に焼いたクッキーをリュックに入れて、
    ことりとピクニック。

    111002_06


    近所にある小さな山の頂上には、
    大きな木と素朴な木のテーブルがあって、
    サクラやコスモスなど季節の花もたくさんあるので、
    ご近所ピクニックもなかなか楽しいものです。

    最近、休みと言えば電車に乗っていたのだけど、
    こんな時間もいいよね。


    111002_07


    沢山あそんで、
    「○くん、まだあそんでいるね」
    という息子を、なんとかなんとか誘いだしてランチを調達。

    わあ、おなかすいたね。
    さあ、食べよう、というときのことです。
    「自分で(パッケージを)開けたい」息子が、買ってきたランチを
    ばさーっと全て土の上に落としてしまったのは。

    「おにぎり食べたいー」
    ことり、うわーんと泣きました。

    私も瞬間思わず
    「わっ!」
    と言ってしまいました。

    どちらかというと、私の方が泣きたい気分です。
    だから、私が開けるって言ったのに。
    ランチを先に用意したかったのだけれど、ことりの気の向くままに歩いたから、
    お店にたどり着けなかったのに。
    遊んでからお買い物に誘い出して再び戻るのは相当難しいだろうと思ったら、
    案の定難しくて、やっとやっとのランチタイムなのに。

    でも、仕方ない。
    ちょっと気温も下がってきたから、
    これ以上遅くなると半袖の息子は、帰り道が寒そうだし、
    さわやかな秋の山で親子が号泣するのは、きっと異様な風景だ。
    せっかくのピクニック時間。
    なんとか頭を使って、楽しい思い出にして帰るのが、
    親の役割にちがいない。

    そして、幸いにも、
    私たちはクッキーをもってきていたし、
    デザートにと思って買ったロールケーキは落ちずに済んだし、
    なんと、私にはドリップコーヒーがあった。

    「おにぎり食べたかったねー。ママが帰ったら作ってあげるね。」
    「たまごおいしそうだったねー。でも落としちゃったら(落ちちゃったではなく)食べられないね。」
    「お肉汚れちゃってかわいそうだね。ごめんねしようね。」
    「難しい時は、手伝って、って言おうね。」
    息子の気持ちの変化を見ながら、ちょっとずつ伝え、
    2人でクッキーとロールケーキを食べて、
    飲みたがることりにコーヒーをちょっとだけあげて、あとはお茶でまあまあってごまかして、
    秋最初のピクニックは終了。
    夜ごはんのメニューは、ランチパックに入っていたメニューをそのまま再現しました。

    111002_08

    その場は、わー大変だった、と思っていましたが、
    こうやって振り返っていると、何一つ問題なく楽しい1日でした、
    と思えるのが何だか不思議です。


    思ったままに行動することも大事だけれど、
    親という立場を考えて行動することが増えました。
    親の仕事。
    失敗したりもするけれど、
    楽しくも難しい大事な仕事なんだから、そんなこともあるよね。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ

    関連記事

    コメント

    弁当引っくり返しは、幼稚園の私の
    クラスでもたまにやります。
    一番困るのは、親切心で隣の友達の
    を開けてあげようとして引っくり返した場合。
    その優しさを認めつつ、難しい時は
    先生に言ってね。とうずらさんとおなじように
    子どもに言っています。
    でも、失敗した時に周囲の大人が
    どう受け止め、それをどの様に子どもに
    返すかって難しいけど大切ですね。

    みちしず #- | URL | 2011/10/10 12:11 * edit *

    みちしずさんへ♪

    そうなんですよね。
    事態としては非常に困った状態なんですが、
    その元々の<意図>は自立への意識であったり、
    親切心であったりと大切な気持ちなので、
    気持ちは認めつつも、事態を繰り返さないための対応が大事だと思いました。
    わが子でも難しさは感じましたが、
    みちしずさんのようにお仕事の上のことだと、なおのことだと思います。

    うずら #- | URL | 2011/10/10 19:32 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://uzurapicnic.blog58.fc2.com/tb.php/411-a383d42b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。