* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    おともだちとストライダーカップ 

    2012年6月30日 ことり3歳6ヶ月

    保育園のおともだち十数名と一緒に、ストライダーカップをしました。
    親子リレー、タイムトライアル、全員競争と本格的な内容で、
    主催してくれた同級生のパパに感謝。


    私はメダル作成を担当しました。

    120630_01

    前日の19時に保育園の面談が入っていたので、簡単に・・・


    <食べたらなくなる簡単メダル>
    (材料)
    ・リング型のチョコレート
    ・リボン
    ・フォト用紙とパウチシート

    (作り方)
    1.チョコの中央の穴のサイズに合わせてpcで写真と文字をレイアウト
    2.印刷してラミネートをかける。
    3.穴あきパンチで穴をあけてリボンを通す。
    4.3.をマスキングテープでかわいくチョコの裏面にくっつける。
    5.できあがり


    がんばったこどもたち全員分用意したかったのですが、
    指定された個数は、上位数名分まで。


    でも、実は1つ余分に作っていました。
    メダルを獲れなくても、がんばった息子は私の一番なので、
    家に帰ってから渡そうと思っていたのです。


    でも、結果はまさかの総合優勝。
    がんばったね、ことり。
    速かったよ。かっこよかったよ。
    おめでとう。


    120630_02
    デッドヒート!!


    そして何より、おともだちと自然に近づいてお話ししてはしゃいでいる姿が
    私は、とても、とても嬉しかった。


    パネルを囲んで写真を撮ったとき、
    パネルを持ってセンターでにっこりピースするおともだちが多い中、
    息子はいつもだったらちょっと困った顔で端っこにいるのだけれど、
    今日は、そうっとパネルを触りに行きました
    そして、ちょっとだけ笑って、すぐに離れていきました。




    保育園でお気に入りのおもちゃ。
    ありったけの勇気をふりしぼって
    「貸して」と言ったら、貸してもらえなくてしょんぼりしたり。

    そのおともだちが帰って、やっと手に入れたら、
    すぐに「貸して」と言われて、
    そう言われると反射的に貸してしまって
    やっぱりしょんぼりしていたり。


    でも、身も心も少しずつ強くなって、
    集団の中でも、自分から積極的に興味のあるものに近づいて行ったり、
    おともだちとのやりとりが広がってきているんだね。


    梅雨の合間のいいお天気と仲間たちに感謝の1日でした。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


    関連記事
    thread: 男の子育児 | janre: 育児 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

    コメント

    涙なくしては読めませんでした。
    頑張ったね、そして頑張ってるね、毎日。
    総合優勝ももちろんおめでたいけれど
    この日一日をがんばったことりくんに心からのエールを!

    お友達との関係も複雑で難しいものになりつつある年齢で
    悩むこともしょんぼりすることも多くなってきますよね。
    そーとも先日、幼稚園で同じバス停のお友達と
    入園して初めてケンカして相手の頬っぺたを引っ掻いてしまったそうで…。
    いつもは一番の仲良しで大好きなはずなのに
    どうしたんだろう…とショックでショックでたまらなくて
    相手のママさんに謝りながら泣けてきました(>_<)

    いろいろありますよね、子供の社会も。
    ことりくんは素敵なお友達に囲まれて
    その中でも優勝!なんて本当にスゴイなぁ♪

    ゆちこ #- | URL | 2012/07/03 09:06 * edit *

    ゆちこさんへ♪

    ゆちこさん、
    そーとくんもことりも、大きくなりましたね。
    私はやっと、ことりがあかちゃんを卒業したのだと納得するようになりました。

    息子はこの日(レース&ランチの後)、初めてお友達と一緒に
    ずっとずっとおともだちと走り回って遊んでいました。
    「○くんと~したの」「おのどかわいちゃった」とか、
    私のところに来るのはほんの時々。
    安全管理のために息子を追い掛け回すのは夫に託して、
    私は同級生ママとおしゃべり三昧で、楽しかった。
    おともだちがどんなに集っていても、ずっと私にくっついていた息子は
    それはそれで愛しいけれど、楽しいことってたくさんあることを
    どうやって息子に伝えればいいのか難しいな、と思っていました。
    特に、離れている間の園での生活で、息子は楽しんでいるのだろうかと
    ずっと気持ちはそこに向いていました。
    (実は今でも向いています。)

    だから、ゆちこさんの
    「そうで」「どうしたんだろう」
    という言葉が響くのだと思います。
    自分が知ららないときのことだから、状況はわからない。
    でも、本人にも相手にも伝えないといけない。
    ゆちこさんのお気持ちはもちろん全部はわからないのだけれど、
    つらかっただろうな、と感じ、私も心が痛かったです。

    でも、ゆちこさんの対応をそーとくんはちゃんと見ていますよね。
    そして、すべてを知ることはできないけれど、
    どうしたんだろう、と、そーとくんの心を考えてくれた
    ゆちこさんの気持ちもちゃんと伝わっていると信じています。

    私たちも、だんだんに強くなっていける、かな。

    うずら #- | URL | 2012/07/04 05:13 * edit *

    コメントの投稿

    Secret

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。