* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    ノコギリクワガタの飼育とむすこ 

    くわがちゃん(ノコギリクワガタ、雄2匹)が家に来て、1ヶ月弱。


    実家近くの森という、同じ地の出身でありながら、
    昨年一緒に暮らしていたかぶちゃん(カブトムシ、雄)とはだいぶ違う。

    かぶちゃんはぶーんと飛んで来て私の腕に止まったり、
    ゼリーや果物を近くに置こうとすると、私の手によじ登ってきたり
    と、ニンゲンに対してフレンドリー。
    そんなかぶちゃんがのびのび運動できるようにと、
    リビングのシンボルツリーを拠点に、家で放し飼いにしました。

    でも、くわがちゃんは人への警戒心十分(この方が普通かもしれない)。
    木にいた1匹も、道路で車にひかれそうになっていた1匹も、
    特に最初は人間がいると絶対姿を見せようとしなかった。
    対人ストレスがたまりにくいように、ケースで飼うことにしました。

    ホームセンターで大きめのケースとマット(おがくずみたいの)とゼリーを買って。
    森に落ちていた枝を拾って帰り、エサ場や活動時の居場所用にあちこち置いて。
    雄2匹なので、ケンカしないように、エサ場は2箇所。

    ごはんは基本的には昆虫用ゼリー。
    スイカはお腹を壊しやすいと読んで、えーっと驚いたので生の果物は少しずつあげて様子をみて。
    くわがちゃんはバナナが好きみたい。

    ケースで飼っていると言っても、
    むすこや、遊びにきたむすこのともだちたちが急に大きな声を出すとびっくりして威嚇したり、
    私たちが夜に帰宅して電気をつけると慌ててに逃げたりしているので、すみませんねー、と思ったり。



    正直、比較してしまえば、フレンドリーだったかぶちゃんとの思い出の方が多く、愛情もたくさんですが、

    シャイなくわがちゃんを見ていると、
    昨年までの、外ではとてもシャイだったむすこを思い出す。

    園で転んだらしく結構な擦り傷だったから、びっくりしたり、痛かったりしただろうに、
    園では言えずに、お迎えに行った私の顔を見て、急に泣き出したことなど、思い出すエピソードの数々。。。

    保育士さんたちが、くわがちゃんタイプのシャイなこどもたちにも等しくコミュニケーションをとってくださっていることを願って、
    私も連れてきてしまったくわがちゃんにできるだけのことをしようと思います。


    むすこの奇襲に負けずに、9月過ぎても元気なくわがちゃん。


    園友飲み会では、こどもたちには人気だったけど、
    ママたちはドン引きだったかぶちゃん&くわがちゃんの話題。
    早々に引っ込めてしまったので、ブログに記録を~


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
    関連記事
    trackback: -- | comment: 0 | edit

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。