* picnic note *

    今を大事に、毎日楽しく。フルタイムワーキングマザーの私と小さなむすこのにこにこな暮らしを。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    trackback: -- | comment: -- | edit

    はじめてのインフルエンザ 

    2012年2月10日 ことり3歳1ヶ月

    3歳の冬、初めてインフルエンザにかかりました。

    ありがたいことに、風邪以外の病気は今までになく、
    突発性発疹もついにしなかったくらい。

    これからも元気で元気でいてほしいと心から願っているけれど、
    人一人の人生、きっと色々なことがあるだろうから、
    忘れないように記録を。

    大分治ったみたいなので、
    お世話になった母へのお礼。

    120210_01


    マスキングテープやスタンプを使って、
    ちょっとした封筒づくりやアレンジするのが、楽しい。


    以下、インフルエンザの長い記録です。
    -- 続きを読む --

    3歳の節分 

    2012年2月4日 ことり3歳1ヶ月

    息子3歳の節分は、なんと3日間にわたって開催されました。


    2月2日
    お面をつくって、みんなでまめまき。
    豆は、3角のかわいいパッケージごとまきました。
    掃除が大変なのでね。

    120204_06
    左:ことりの作ったおに(薄いピンクで描いた目鼻口が写真に写りませーん)
    右:青鬼は夫作、黄鬼は私作。


    120204_01
    鬼同士の対決



    2月3日
    おにのおにぎりをつくって、いただきまーす。
    (クックパッドのかわいらしいこちらのレシピを参照しました。)
    私がことりのおにぎりを作って、ことりが私のおにぎりを作ってくれました。
    帰りが遅かったのにおにぎりづくりで遊びすぎて、
    2人してお風呂をさぼって寝てしまいました。

    120204_07
    魚肉ソーセージの角(見えにくいけど)と、ひじきふりかけの髪の毛を。


    2月4日
    夜ごはんは手巻き寿司に。
    北北西を向いて、1人1本、話さないで食べきりました。
    太い恵方巻きは無理でも、その場でさっと作れて、
    サイズ調整も簡単な手巻き寿司の恵方巻きなら、ことりもちゃんと食べられました。

    この日に気づいたのですが、手巻き寿司って、
    簡単で、楽しくて、なんだかごちそうっぽくって、とてもよいです。
    (大した具材でなくっても)
    実家では毎年大みそかは手巻き寿司だし。
    週末は定期的に手巻き寿司にしようっと。


    さすがに3日も開催しただけあって、
    「ことりくん、ぱらっぱらっ、ひとりで歌えるんだよ。」
    と、まめまきの歌を得意げに歌っています。

    お豆も、年の数よりだいぶ多く食べたし、
    3歳になって、行事がぐぐっと本格的に楽しめるようになって、
    とてもとても楽しかった、今年の節分。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



    thread: 行事・イベント | janre: 育児 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

    今の道 

    2012年2月1日 ことり3歳1ヶ月


    熱がある息子にできることは、寝顔に語りかけることくらい。
    もどかしさと申し訳なさ。

    でも、病院に連れて行き、暖かくして寝かしつけてくれる、
    私以外の人が今回いてくれたことのありがたさ。

    まだ暗い、夜明け前の冷たい空気なのに、
    心が痛くて、顔があつく感じる通勤路でした。


    でも、まだいろいろな事が上手くいかない時期に、
    大きく道を変えることは止めておこう。

    大事な息子と、自分が選んだ仕事、
    どちらも手放さずに精一杯やろう。
    今もっている幸せに感謝しながら。

    強く、優しくなりたい私の、
    きっと今はがんばりどころ。

    120201_01


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


    黒蜜きなこヨーグルト(時短デザート) 

    2012年1月30日 ことり3歳1ヶ月

    食後の息子の口癖

    「デザートある?」

    甘い母はつい
    「あるよ」
    と言ってしまうのです。

    フルーツかちょっとした甘いもの。
    でも、毎日お菓子だとちょっと気になるので、

    ちょこっとだけ手を加えて作ったり。

    黒蜜きなこヨーグルト

    120130_01


    <材料>
    ・くろみつ
    ・きなこ
    ・ばなな:小さく切る
    ・プレーンヨーグルト

    <手順>
    1.ヨーグルトを器に入れて、
    2.バナナをのせ、きな粉と黒蜜(少し)をかける。

    居酒屋のデザート風でなかなかおいしいのです。

    他には、りんごを角切りに切ってレンジでチンしてクラッカーに乗せたものも
    よく作ります。
    これくらいなら、平日でもなんとか。


    食事はテーブルでしているのだけれど、
    デザートは椅子から降りて、
    ローテーブルで食べたがります。

    デザートは別の席で、って。

    おかしいな。
    そんなオシャレレストランにことりと一緒に行ったことはないんだけどなー。

    120130_02
    しかも、この日のデザートは10円まんじゅうですからね。
    10まで指さししながら正しく数えられるようになりました。


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

    心から、ごめんね 

    2012年1月22日 ことり3歳1ヶ月

    マイペースな
    (1時間以上かけてご飯を食べた後に、着替えも歯磨きもトイレも何もしないで電車三昧)
    息子にいらっとして、
    けんかをしてしまいました。

    「自分のお支度しないんだったら、今日は電車乗らない。
    必要なことをしないと、好きなことだってできないんだよ。」

    私のところに来ないで、
    視線をちらっと向ける息子。

    重い空気。

    そうこうしているうちに、2時間経過。

    「ごめんね。」

    ことりに近づいて言いました。

    ことり、涙目。

    ぎゅっとすると、
    あふれだすように、わあっと泣き出しました。

    20分くらい、完全に泣き止むまでそのままでいて、
    ふうっと何かが抜けたような気がした時に

    「お茶飲もうか?」

    と言うと、

    「お茶飲もうね~」

    と、何事もなかったかのように、キッチンに走って行きました。


    ことりの部屋には、自分で脱いだオムツと洋服がちらばっていました。
    「ことりくん、おむつ濡れてないんだよ。」
    誇らしげ。
    実は濡れていたけどね。

    ぬれた証拠の緑マークが息子に見えないように、
    オムツをそっと裏返してゴミ箱に入れ、
    約束通り電車で小さな旅へでかけました。


    ことりが謝らなかったから私が謝ったのではなく、
    一向に進まない持ち帰り仕事をちゃんと終えられていたら、
    こんなことでいらいらしなかっただろうし、
    いきなり「電車乗れない」と罰ゲームのようなこと言わなかったはずなので、

    私からの、ごめん。

    心からの、ごめんね。

    今の気持ちを忘れないための記録。

    120122_01


    ランキングに参加しています。
    にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。